プレスリリース

プレスリリース


富士経済・富士キメラ総研他、グループ各社のプレスリリースを2002年6月分より掲載しています。
発刊した調査報告書の内容をPDFファイルでご覧いただけます。
プレスリリースについてのお問い合わせは、富士経済グループ広報部または電話03-3664-5697までお願いいたします。

メディア掲載情報

PDFの閲覧にはお手元のPCにAdobe(Acrobat)Readerが必要です。
Adobe社のAdobe Reader(最新版)のダウンロードサイトはこちら

医薬品・臨床検査・医療機器

内容(PDFファイル)関連リンク
02月15日
(2017年)
生化学・血液検査の国内市場を調査
-今後の生化学検査市場 検査薬・消耗品市場は横ばい、検査装置市場は微増と予測-
富士経済
12月13日
(2016年)
整形外科領域、アレルギー疾患治療剤などを調査
-2024年(2015年比) 骨粗鬆症治療剤市場 3,745億円(45.3%増)と予測-
富士経済
12月07日
(2016年)
メディカルソリューション市場を調査
-2020年 国内メディカルソリューション市場は1兆4,300億円と予測-
富士キメラ総研
11月16日
(2016年)
中枢神経領域、認知症治療剤などを調査
-2024年(2015年比) アルコール依存症治療剤市場 61億円(6.1倍)と予測-
富士経済
10月31日
(2016年)
生活習慣病領域、糖尿病合併症治療剤などを調査
-2024年(2015年比) 糖尿病治療剤市場は、6,431億円(39.9%増)と予測-
富士経済
10月26日
(2016年)
iPS細胞、再生医療製品、細胞培養機器・器材などの国内市場を調査
-2030年のティッシュエンジニアリング関連市場は1,421億円と予測-
富士経済
09月13日
(2016年)
一般用医薬品の国内市場を総合分析
-2016年(2015年比)一般用医薬品の国内市場 6,566億円(2.4%増)の見込-
富士経済
08月18日
(2016年)
世界の臨床検査市場を調査
-2020年の市場は約704億米ドル。年平均成長率2.4%(2015-2020年)と予測-
富士経済
06月14日
(2016年)
一般用医薬品の国内市場を調査
-2016年(2015年比) しみ改善薬市場 150億円(10.3%増)の見込-
富士経済
05月30日
(2016年)
切り替えが進む調剤薬局や注目ジェネリックの市場を分析
-2018年(2014年比) 調剤薬局市場 4,950億円(87.9%増)と予測-
富士経済
04月27日
(2016年)
医療ビッグデータに関連するサービス、機器、システムの国内市場を調査
-2025年 医療関連業界向け医療ビッグデータ分析サービス市場は120億円と予測-
富士経済
03月15日
(2016年)
イムノアッセイの国内市場を調査
-検査数は年平均成長率(2015-2021 年)1.7%、検査薬は同1.0%と予測-
富士経済
02月29日
(2016年)
国内のジェネリック医薬品市場を薬効領域別に調査
-2018年(2014年比) 高血圧症治療剤市場 2,100億円(2.5倍)と予測-
富士経済
02月03日
(2016年)
医療情報システムの国内市場を調査
-2025年(2014年比) 医療情報システムの国内市場 4,952億円(36.9%増)と予測-
富士経済
12月14日
(2015年)
中国医療の現状と病院の実態を調査
-華北地区5施設の診療件数は2015年合計で1,315万件の見込-
中聯富士経済
11月30日
(2015年)
ティッシュエンジニアリング関連の国内市場を調査
-2030年 ティッシュエンジニアリング関連市場 1,946億円と予測-
富士経済
11月12日
(2015年)
感染症領域剤、ワクチン製剤、眼科・耳鼻科疾患治療剤の調査に加え、医療用医薬品全体を総括
-医療用医薬品市場は2022年に9兆7,443億円と予測-
富士経済
10月30日
(2015年)
抗がん剤、がん関連製剤、甲状腺機能障害治療剤、体内診断薬の国内市場を調査
-2023年 抗がん剤市場 1兆5,000億円突破と予測-
富士経済
09月25日
(2015年)
国内一般用医薬品市場を総合分析
-2015年 一般用医薬品市場 前年比1.2%増6,266億円の見込-
富士経済
08月07日
(2015年)
代謝、血液関連、腎疾患、泌尿器領域の医療用医薬品国内市場を調査
-2023年 糖尿病治療剤市場 6,000億円突破と予測-
富士経済
07月15日
(2015年)
メディカルエンジニアリング関連市場を調査
-2016年(2014年比) 国内市場1,441億円(3.7%増)と予測-
富士経済
05月26日
(2015年)
一般用医薬品の国内市場を調査
-2014年(2013年比)鼻炎治療剤(内服)市場 169億円(1.7%減)-
富士経済
05月18日
(2015年)
国内のジェネリック医薬品市場を調査
-2017年バイオシミラー市場 2013年比4.8倍の314億円と予測-
富士経済
04月13日
(2015年)
国内のジェネリック医薬品市場を薬効領域別に調査
-2017年 高血圧症治療剤市場 2013年比2.6倍の1,670億円と予測-
富士経済
03月18日
(2015年)
メディカルソリューション市場を調査
-2020年 国内遠隔医療システム 2014年比2.0倍の20億円と予測-
富士キメラ総研
02月16日
(2015年)
スイッチOTCを調査―10年間の推移を追う
-2014年スイッチOTC市場 2005年比17.8%増の1,620億円の見込-
富士経済
01月21日
(2015年)
細菌・遺伝子・病理・POC検査市場を調査
-2018年 POC検査薬市場は、1,062億円(2013年比3.4%増)と予測-
富士経済
11月11日
(2014年)
2022年(2013年比)COPD治療剤市場 663億円(45.4%増)と予測
-呼吸器領域、整形外科領域、自己免疫疾患領域などの医療用医薬品の国内市場を調査-
富士経済
10月30日
(2014年)
ティッシュエンジニアリング関連の国内市場を調査
-2030年 ティッシュエンジニアリング関連市場は、1,207億円と予測-
富士経済
10月10日
(2014年)
国内一般用医薬品市場を総合分析
-2013年 一般用医薬品市場 2012年比1.5%増の6,140億円-
富士経済
07月22日
(2014年)
中枢神経領域剤、認知症治療剤などの国内市場を調査
-2022年市場(2013年比)抗うつ剤 1,510億円(28.4%増)と予測-
富士経済
06月30日
(2014年)
循環器官用剤、脳疾患治療剤、消化器科治療剤の国内市場を調査
-2022年市場(2013年比)抗凝固剤・へパリン製剤 1,647億円(2.3倍)と予測-
富士経済
06月13日
(2014年)
生化学検査・血液検査市場を調査
-2019年 生化学検査薬 検査薬:795億円、装置:94億円と予測-
富士経済
05月29日
(2014年)
一般用医薬品の国内市場を調査
-2013年 目薬:高価格帯製品等が好調。2012年比10.9%増の436億円-
富士経済
03月28日
(2014年)
国内のジェネリック医薬品市場を薬効領域別に調査
-2016年に2012年比41.1%増の7,779億円と予測、医療用医薬品市場の8.8%-
富士経済
02月19日
(2014年)
メディカルソリューション市場を調査
-2020年国内市場 医療情報システムは、2013年比12.3%増の4,204億円と予測-
富士キメラ総研
12月13日
(2013年)
イムノアッセイ(免疫血清検査)市場を調査
-2018年 検査薬市場は、2,117億円と予測-
富士経済
11月20日
(2013年)
国内医療用医薬品全体市場の総括分析
-2020年 インフルエンザウイルス治療剤 325億円に成長と予測-
富士経済
10月31日
(2013年)
ティッシュエンジニアリング関連の国内市場を調査
-2020年 iPS細胞は14.5億円 2012年比14.5倍と予測-
富士経済
09月26日
(2013年)
地域医療連携・電子カルテシステムの国内市場を調査
-2020年 病院向け電子カルテシステム 1,126億円(2012年比16.3%増)と予測-
富士経済
06月11日
(2013年)
一般用医薬品(市販薬)の国内市場を調査
-2013年に長年の低迷を一歩脱して前年比0.5%プラス、6,072億円の見込-
富士経済
02月15日
(2013年)
ジェネリック医薬品の国内市場を調査
-2015年に11年比41%増の6,837億円、医療用医薬品市場の7.8%と予測-
富士経済
11月01日
(2012年)
病理・遺伝子・細菌・POC検査市場を調査
-2012年 病理検査市場は、前年比17%増の62億円と予測-
富士経済
10月23日
(2012年)
医療用医薬品の国内市場調査を実施
-2020年 骨粗鬆症治療剤:2,694億円(11年比68.9%増)と予測-
富士経済
07月31日
(2012年)
国内ティッシュエンジニアリング関連市場を調査
-6カテゴリー29品目の市場は、2013年に2011年比6.9%増の551億円と予測-
富士経済
07月13日
(2012年)
2011年の一般用医薬品(OTC)国内市場を総合分析
-2012年(2011年比) 一般用医薬品市場 6,067億円(0.8%減)の見込-
富士経済
05月25日
(2012年)
循環器官用剤、脳疾患治療剤、消化器科疾患治療剤の国内市場を調査
-抗凝固剤・へパリン製剤 2011年412億円(前年比26%増)-
富士経済
05月23日
(2012年)
一般用医薬品8カテゴリー34品目の市場を調査
-2011年市場 解熱鎮痛剤は前年比6.9%増の386億円-
富士経済
04月06日
(2012年)
一般用医薬品9カテゴリー34品目の市場を調査
-2012年 皮膚治療薬が前年比5.1%増の144億円の見込-
富士経済
03月15日
(2012年)
国内のジェネリック医薬品市場を調査
-2014年に10年比33%増の5,865億円、医療用医薬品市場の6.8%と予測-
富士経済
03月06日
(2012年)
国内の生化学検査、血液検査市場を調査
-2012年 生化学検査は前年比年比1.2%増の775億円と予測-
富士経済
11月30日
(2011年)
医療やアグリ(農業)など、国内6分野のバイオビジネス市場を調査
-2015年の国内バイオビジネス市場 10年比1.5倍の2兆8,531億円と予測-
富士経済
10月13日
(2011年)
国内免疫血清検査市場の調査を実施
-2011年の市場は前年比3.3%増の1,772億円の見込-
富士経済
08月18日
(2011年)
国内医療用医薬品市場 第6回調査結果と全体市場を総括分析
-総括分析結果 国内の医療用医薬品市場は2018年に9兆円超と予測-
富士経済
07月07日
(2011年)
国内の一般用医薬品(OTC)市場を調査
-2010年は総合感冒薬(前年比5.3%増)や鎮痒剤(同10.7%増)などが拡大-
富士経済
05月25日
(2011年)
第5回 国内医療用医薬品市場 調査結果
-2019年 抗がん剤市場は、2010年比73%増の1兆1,771億円-
富士経済
05月09日
(2011年)
第4回 国内医療用医薬品市場 調査結果
-2019年 代謝系疾患治療剤市場は、10年比33%増の4,300億円と予測-
富士経済
04月07日
(2011年)
主要臨床検査薬・機器メーカー35社を調査
-2010年度の国内臨床検査市場は前年比2.3%減の4,168億円の見込-
富士経済
03月04日
(2011年)
ジェネリック医薬品、長期収載医薬品の市場を調査
-ジェネリック医薬品市場は2013年に09年比23%増の4,889億円と予測-
富士経済
11月12日
(2010年)
2010年の一般用医薬品の国内市場調査をテーマ別分析
-2010年 リスク第1類市場 311億円 09年比 4.0%増の見込-
富士経済
11月09日
(2010年)
医療ICTソリューション市場を調査
-2015年 クラウド型電子カルテサービス市場は90億円と予測-
富士経済
10月20日
(2010年)
遺伝子検査やPOC検査などの国内市場を調査
-2010年 遺伝子検査市場は75.7億円と、前年比100.3%と微増の見込-
富士経済
10月08日
(2010年)
医療用医薬品の国内市場を調査-2010年医療用医薬品市場調査(3)
-2010年 皮膚疾患治療剤 1,040億円、2009年比 6.6%増の見通し-
富士経済
09月08日
(2010年)
一般用医薬品の「漢方・生薬製剤」市場を調査
-2010年 漢方・生薬製剤市場は前年比0.8%増の2,394億円の見込-
富士経済
06月22日
(2010年)
総合感冒薬、尿もれ改善薬、ドリンク剤、肥満防止剤などの国内市場を調査
-2010年 漢方処方エキス製剤177億円、頻尿・尿もれ改善薬25億円の見込-
富士経済
05月18日
(2010年)
胃腸薬、目薬、外皮用薬、消毒薬の国内市場を調査
-2009年実績 育毛剤08年比4.9%増の149億円、第1類医薬品構成比83.9%-
富士経済
05月17日
(2010年)
生化学検査と血液検査の国内市場を調査
-2010年 生化学検査市場 検査数:32億2,221万件(前年比0.9%増)の見込-
富士経済
05月06日
(2010年)
循環器官用剤、感染症治療剤の国内市場を調査
-2018年の市場予測 降圧剤1兆400億円09年比15.9%増-
富士経済
03月09日
(2010年)
再生医療の核となる「ティッシュエンジニアリング」関連市場を調査
-2020年のティッシュエンジニアリング関連市場は、705億円と予測-
富士経済
02月25日
(2010年)
「スイッチOTC薬」の国内市場を調査
-アレルギー対策目薬“鋭い効き目”に需要…09年は前年比27%増の見込-
富士経済
11月16日
(2009年)
ジェネリック医薬品の国内市場を調査
-ジェネリック医薬品 2011年は08年比24.1%増と予測-
富士経済
08月31日
(2009年)
関節・骨疾患治療剤などの国内市場を調査、医療用医薬品市場全体を総括
-【抗リウマチ剤市場】2008年の市場規模は2000年比約5.5倍と予測-
富士経済
08月19日
(2009年)
市場規模別分析や品目横断分析など、2008年の一般用医薬品市場を総括
-2008年 スイッチOTC市場 前年比4.3%増の1,536億円の見込-
富士経済
08月07日
(2009年)
免疫血清検査の国内市場を調査
-2009年 免疫血清検査市場 検査数 6億4,550万件(前年比4.2%増)の見込-
富士経済
06月30日
(2009年)
一般用医薬品の国内市場を調査
-2012年 漢方処方エキス製剤 176億円(08年比107%)と予測-
富士経済
05月21日
(2009年)
感冒関連用、精神神経用など一般用医薬品24品目の国内市場を調査
-2009年 総合感冒薬 第1類 43.5億円(前年比111.5%)の見込-
富士経済
05月11日
(2009年)
がん関連用剤、栄養補助剤、体内診断薬などの国内市場を調査
-2009年 抗がん剤市場は分子標的治療剤が牽引し6,186億円の見込-
富士経済
04月09日
(2009年)
胃腸薬など消化器官用薬、眼科用薬、外皮用薬の国内市場を調査
-2009年 アレルギー用点眼薬 花粉症対策需要で前年比13.6%増の見込-
富士経済
04月02日
(2009年)
高脂血症、糖尿病治療剤などの国内市場を調査
-2017年の糖尿病治療剤市場は3,770億円(08年比47.5%増)と予測-
富士経済
03月11日
(2009年)
有力ドラッグチェーン50社の調査を実施
-差別化を図るドラッグチェーンはHBC関連商品と調剤機能の強化へ-
富士経済
01月14日
(2009年)
食品検査市場の調査を実施
-2008年の6分野18品目の食品検査市場は156億円(05年比18%増)の見込-
富士経済
12月16日
(2008年)
ジェネリック医薬品国内市場の主要24薬効領域を調査
-2010年のジェネリック医薬品は3,597億円と予測-
富士経済
10月28日
(2008年)
主要臨床検査薬・機器メーカー35社を調査
-2013年 臨床検査市場は08年比8.2%増の4,325億円と予測-
富士経済
09月18日
(2008年)
バイオ関連の機器、解析サービス、医薬品などの市場を調査
-2017年 抗体医薬市場は07年比3.0倍の3,400億円と予測-
富士経済
07月25日
(2008年)
2008年の一般用医薬品市場調査を基に7市場の最新傾向を分析
-2008年 スイッチOTC市場は新規薬効群登場により1,559億円の見込-
富士経済
07月22日
(2008年)
注目臨床検査の検査薬市場を調査
-2007年に保険適用されたNT-proBNPは13年 12億円(07年比12.0倍)と予測-
富士経済
07月08日
(2008年)
抗アレルギー剤、呼吸器疾患治療剤等の国内市場を調査
-2016年 注目市場 禁煙補助剤は72億円(07年比 4.5倍)と予測-
富士経済
05月19日
(2008年)
一般用医薬品21品目の市場調査を報告
-2008年 血清高コレステロール改善薬市場 35億円(07年比159%)の見込-
富士経済
04月30日
(2008年)
精神神経疾患、脳疾患治療剤及び消化器官用剤の国内市場を調査
-認知症患者の増大で、抗認知症剤の2016年の市場は1,700億円と予測-
富士経済
04月22日
(2008年)
生化学検査薬の国内市場を調査
-2008年のメタボ健診関連検査数は12億6,800万件(前年比4.2%増)の見込-
富士経済
04月11日
(2008年)
循環器官用剤と感染症治療剤の国内市場を調査
-予防接種の増加とがん予防で市場拡大が期待されるワクチン製剤-
富士経済
04月10日
(2008年)
一般用医薬品市場(感冒薬・鼻炎・耳疾患用など23品目)の調査結果を報告
-2008年注目市場 総合感冒薬 新スイッチOTC製品拡販が本格化 612億円-
富士経済
03月06日
(2008年)
一般用医薬品市場(胃腸薬・目薬・外皮用薬など21品目)の調査結果を報告
-2008年注目市場は整腸薬 乳酸菌含有製品の認知拡大 107億円の見込-
富士経済
01月10日
(2008年)
イムノアッセイ診断薬市場の調査を実施
-化学発光法はイムノアッセイ診断薬市場の26%を占める415億円へ拡大-
富士経済
12月27日
(2007年)
ジェネリック(後発)医薬品市場の調査を実施
-2009年のジェネリック医薬品市場は3,379億円と予測-
富士経済
10月29日
(2007年)
メタボや尿失禁対策など一般用医薬品と関連製品の市場を調査
-2007年、メタボリック対策市場は1,312億円(前年比14%増)の見込 -
富士経済
09月28日
(2007年)
感染症関連検査市場の調査を実施
-2007年 感染症関連検査市場 844億円(前年比 2.3%増)の見込-
富士経済
08月27日
(2007年)
抗リウマチ剤、前立腺肥大症治療剤など医療用医薬品市場の調査を実施
-2007年 抗リウマチ剤市場は前年比39%増の792億円と予測-
富士経済
07月31日
(2007年)
ドリンク剤・ビタミン剤など一般用医薬品市場の調査を実施
-ドリンク剤市場の縮小止まらず、2007年は前年比5.2%減1,672億円と予測-
富士経済
06月27日
(2007年)
SPOT(簡便・迅速)検査の国内市場調査を実施
-2011年 糖尿病検査システム 37億円(06年比56.9%増)と予測-
富士経済
06月21日
(2007年)
バイオテクノロジー関連市場の調査を実施
-メタンガス化プラントは2010年(予測)に180億円(2006年の3.5倍)-
富士経済
05月31日
(2007年)
一般用医薬品市場(感冒薬・催眠鎮静剤など23薬効)の調査結果を報告
-2007年、鼻炎治療剤は花粉シーズンの早期到来感から市場活性化-
富士経済
05月22日
(2007年)
医療用医薬品12薬効領域の調査を実施
-2015年の抗がん剤市場予測 6,550億円(06年比144%)に拡大-
富士経済
05月10日
(2007年)
一般用医薬品市場(胃腸薬・目薬・外皮用薬など21品目)の調査結果を報告
-2007年整腸薬市場は大腸訴求とノロウイルス効能効果で活性化-
富士経済
03月26日
(2007年)
糖尿病治療剤、高脂血症治療剤など医療用医薬品10薬効領域の調査を実施
-糖尿病治療剤は今後年平均9%の拡大を続けて2015年4,900億円規模に-
富士経済
03月16日
(2007年)
主要臨床検査薬・機器メーカー35社を調査
-2006年、臨床検査市場は前年比3.2%増の3,894億円-
富士経済
02月27日
(2007年)
DNAチップ、再生医療など国内のバイオビジネス市場調査を実施
-バイオ医薬市場は2016年に7,600億円超へ(06年比176%)-
富士経済
11月17日
(2006年)
ジェネリック医薬品市場調査を実施
-2006年から2008年にかけてジェネリック医薬品の伸長率は109%に-
富士経済
09月29日
(2006年)
一般用医薬品市場をリスク分類別に推計
-薬事法の改正などにより環境が変化しつつある市場の調査を実施-
富士経済
07月27日
(2006年)
ドリンク剤、ビタミン剤など5分野21薬効の一般用医薬品市場調査を実施
-美白訴求、関節痛訴求など効能効果の体感商品に活路-
富士経済
07月07日
(2006年)
医療用医薬品の研究開発動向調査を実施
-重点開発領域上位3は「循環器」、「がん」、「精神神経疾患」-
富士経済
06月20日
(2006年)
感冒関連用薬など5分野22薬効の一般用医薬品市場調査を実施
-催眠鎮静剤、禁煙補助剤などが潜在需要を顕在化し市場を拡大-
富士経済
06月02日
(2006年)
抗アレルギー剤、呼吸器疾患治療剤など医療用医薬品5薬効領域を調査
-脱毛症治療剤は2014年に95億円規模へ(対05年19倍)-
富士経済
05月25日
(2006年)
胃腸薬、外皮用薬など4分野21薬効の一般用医薬品調査を実施
-目薬市場を牽引するドライアイ対策・・・人工涙液市場は2006年に100億円-
富士経済
05月01日
(2006年)
食品検査市場の調査を実施
-食品検査15品目市場は2011年に172億円予測(対05年比128%)-
富士経済
03月31日
(2006年)
循環器官用剤、精神神経疾患治療剤など医療用医薬品22疾患の調査を実施
-精神神経疾患治療剤は2006年3,660億円見込み-
富士経済
01月13日
(2006年)
免疫測定(イムノアッセイ)市場調査を実施
-インフルエンザ抗原迅速検査キット市場が拡大、2005年に155億円-
富士経済
12月08日
(2005年)
バイオビジネス市場調査を実施
-抗体医薬市場は2015年に600億円規模へ(対04年比4.4倍)-
富士経済
11月08日
(2005年)
ジェネリック医薬品市場調査を実施
-ジェネリック医薬品市場は、2007年に2,426億円へ(対04年比119%)-
富士経済
09月01日
(2005年)
有力ドラッグチェーン40社の市場調査を実施
-ドラッグストア全体市場は2005年に6兆2,200億円規模へ-
富士経済
08月31日
(2005年)
臨床検査(検査機器と検査試薬)市場の主要メーカー40社を調査
-OTC市場が伸びて、2007年には3,750億円(04年比4%増)に成長-
富士経済
06月30日
(2005年)
一般用医薬品(大衆薬)市場の定期調査を実施
-一般用医薬品の主要薬効65領域の市場動向を調査・分析-
富士経済
06月10日
(2005年)
抗リウマチ剤、骨粗鬆症治療剤など医療用医薬品14薬効分類の調査を実施
-抗リウマチ剤は2006年に500億円規模へ(対04年比157%)-
富士経済
04月04日
(2005年)
抗がん剤など医療用医薬品12薬効分類の調査を実施
-抗がん剤市場 2006年に4,150億円(2004年比110%)-
富士経済
03月31日
(2005年)
感染症診断市場の調査を実施
-主要3領域の合計市場は2004年、821億円規模に-
富士経済
03月16日
(2005年)
高脂血症治療剤、糖尿病治療剤など医療用医薬品9薬効分類の調査を実施
-糖尿病治療剤は2006年に2,300億円(2004年比130%)-
富士経済
02月21日
(2005年)
製薬企業113社の医療用医薬品開発状況調査を実施
-医療用医薬品の開発状況について調査-
富士経済
12月08日
(2004年)
SPOT検査市場調査を実施
-簡便・迅速に検査、判定・・・医療現場のニーズが市場を拡大-
富士経済
10月18日
(2004年)
イムノアッセイ(免疫血清検査)市場の調査を実施
-インフルエンザ検査キットは03年実績101億円に(対01年比3倍) -
富士経済
10月12日
(2004年)
研究支援分野、医療分野のバイオビジネス市場調査を実施
-分子標的治療薬は2010年に1,000億円(2003年の2.3倍)市場へ -
富士経済
09月01日
(2004年)
剤形別医薬品市場の調査を実施
-2004年国内医療用医薬品市場は5兆3,048億円規模に-
富士経済
08月05日
(2004年)
臨床検査分野の検査薬・装置メーカー主力38社の調査を実施
-POC検査、インフルエンザ抗原迅速検査などが急速に市場を拡大 -
富士経済
07月09日
(2004年)
一般用医薬品市場の調査を実施
-マイナス基調の中で伸びをみせる尿もれ抑制薬・催眠鎮静剤・水虫薬市場-
富士経済
06月29日
(2004年)
9領域34薬効分類の医療用医薬品調査を実施
-降圧剤の伸びにより2005年の循環器官用剤市場は1兆円超と予測 -
富士経済
05月20日
(2004年)
中国、韓国、台湾、東南アジア5ヶ国の医療機器調査を実施
-超音波画像診断装置、MRIなどの画像診断装置が今後の有望市場-
富士経済
01月16日
(2004年)
バイオ関連市場調査を実施
-2010年、バイオビジネス市場は2003年から56%成長すると予測-
富士経済
12月11日
(2003年)
ドラッグルートの戦略調査を実施
-2004年度には6兆円を突破すると予測されるドラッグストア市場を分析-
富士経済
11月20日
(2003年)
医療用医薬品次世代プロモーション戦略調査をまとめる
-インターネット医療情報サービス、コントラクトMR等戦略を明らかに-
富士経済
01月21日
(2003年)
バイオチップ関連市場の最新動向調査を実施
-研究開発需要で267億円(2010年)テーラーメード医療に拡大-
富士経済
07月29日
(2002年)
「集約期を迎えたドラッグルート開拓の新戦略と将来性」のご案内
-5兆円超(2000年)市場、大手30チェーン再編旋風-
富士経済

ページトップ