プレスリリース

プレスリリース


富士経済・富士キメラ総研他、グループ各社のプレスリリースを2002年6月分より掲載しています。
発刊した調査報告書の内容をPDFファイルでご覧いただけます。
プレスリリースについてのお問い合わせは、富士経済グループ広報部または電話03-3664-5697までお願いいたします。

メディア掲載情報

PDFの閲覧にはお手元のPCにAdobe(Acrobat)Readerが必要です。
Adobe社のAdobe Reader(最新版)のダウンロードサイトはこちら

その他

内容(PDFファイル)関連リンク
06月18日
(2015年)
生物由来有用成分・素材の国内市場を調査
-2020年(2014年比)生物由来有用成分・素材40品目 1,917億円(15.8%増)と予測-
富士経済
02月17日
(2014年)
PPP事業O&M 先行企業40社の事業戦略を調査
-先行40社合計(2012年度実績) 1,078億円、全体市場の1割程度-
富士経済
01月14日
(2014年)
生物由来有用成分・素材の国内市場を調査
-2018年(2012年比)プラセンタ 75億円(21.0%増)と予測-
富士経済
07月26日
(2012年)
危機管理関連ビジネスの国内市場を調査
-2011年危機管理関連ビジネス 国内市場前年比10.1%増 1兆4,655億円-
富士経済
10月06日
(2011年)
レスベラトロール、エラスチンなど、生物由来有用成分・素材の国内市場を調査
-2016年(2010年比) 生物由来有用成分・素材:1,316億円(109.7%)と予測-
富士経済
02月21日
(2011年)
国内ガーデニング市場の調査を実施
-2011年予測 2,311億円 07年~11年予測の伸長率は100.7%と微増-
富士経済
06月11日
(2010年)
食品・化粧品などの生物由来成分・素材の国内市場を調査
-2015年 コラーゲン 172億円(09年比138.7%)と予測-
富士経済
11月13日
(2009年)
自然界の機能性素材研究に関する調査を実施
-コレステロールコントロール市場 2012年 198億円(08年比115%)と予測-
富士経済
01月27日
(2009年)
危機管理関連ビジネス市場を調査
-2013年の市場規模は、1兆6,500億円、6年で66%増と予測-
富士経済
03月31日
(2008年)
コラーゲン、プラセンタなど生物由来有用成分・素材市場の調査を実施
-今後有望な新素材市場 L-シトルリン 2012年 20億円(07年の40倍)と予測-
富士経済
04月23日
(2007年)
健康食品・化粧品・トイレタリー用品向け機能性素材市場を調査
-アンチエイジング素材市場の2010年予測 350億円 06年比65%増に-
富士経済
02月26日
(2007年)
危機管理関連ビジネス市場の調査を実施
-需要拡大により2010年の市場は1兆3千億円規模と予測-
富士経済
03月20日
(2006年)
生物由来有用成分・素材市場調査を実施
-コエンザイムQ10バルク市場は2010年に448億円規模へ-
富士経済
08月05日
(2005年)
天然由来成分素材の研究開発動向調査を実施
-天然由来素材応用製品(40品目)の2010年市場は2兆円規模へ-
富士経済
06月08日
(2005年)
パテントポートフォリオ戦略調査を実施
-特許活用・特許評価業務支援など特許関連サービスが浸透-
富士経済
02月25日
(2005年)
ファシリティサービス市場調査を実施
-ファシリティマネジメント市場は04年度179億円見込み-
富士経済
04月09日
(2004年)
食品・化粧品分野などの生物由来有用成分・素材市場調査を実施
-「動物」から「植物」へ、「ファイトケミカル」が今後のトレンド-
富士経済
12月18日
(2003年)
国内1000市場の市場格付、2003年の分析結果まとまる
-マーケット情報から市場情報・指標をあきらかに-
富士経済ネットワークス
10月17日
(2003年)
ファシリティ(建物・工場管理)サービス市場動向調査を実施
-ソリューションサービスは2000年度から5年間で約3倍と予測-
富士経済
07月04日
(2003年)
知的財産権ビジネス戦略調査を実施
-国際「特許権等使用料」は受取額が増大、「技術の輸出」へ着実に成果-
富士経済

ページトップ